科学技術振興費 主要5分野の研究開発委託事業

新世紀重点研究創世プラン 〜リサーチ・レボリューション2002〜



東南海・南海地震等海溝型地震に関する調査研究

(東南海・南海地震)

(日本海溝・千島海溝周辺の海溝型地震)


研究目的:

千島海溝・日本海溝ではプレート境界型地震が数十年ごとに発生しますが、これらの地震の発生場所が近年波形解析によって特定されてきています。大地震を発生させる領域(アスペリティ)は定常状態において強く固着していると考えられており、プレート間固着強度が空間的に不均質であることを示しています。

このようなプレート境界面におけるすべり特性の不均質性および時空間的変動は、プレート境界周辺の不均質構造および地震活動度の時空間変化として抽出できる可能性があります。したがって、プレート境界域周辺の高精度長期的地震活動度評価と3次元地震波速度構造不均質を調査することが必要と考えられます。

東北大学地震・噴火予知研究観測センターでは、北海道大学・東京大学と共同で平成20年まで千島・日本海溝周辺において長期・広域の海底地震観測を行い、プレート境界及びその周辺域の3次元地殻不均質構造の推定を行います。


海底地震計


平成16年度成果